家庭用蓄電池のメリット・デメリット!太陽光発電と組み合わせるのもあり

家庭用蓄電池のメリット・デメリット!太陽光発電と組み合わせるのもあり

昨今、蓄電池は太陽光発電や電気自動車と連携することができるため、需要が非常に高まっています。そのため、多くのご家庭で導入を進めるところが増えているのです。では、実際に導入することで、購入者はどのようなメリットを獲得できるのでしょうか。

家庭用蓄電池のメリットその1

1つ目のメリットは、電気料金を節約することができる点です。2019年10月、消費税が10%に引き上げられたり、コロナ禍で電気の使用量が増加していたりするため、電気料金は値上がり傾向にあります。電気代は毎月かかるものですし、家族が多ければ多いほど、その分使用するため、負担を感じやすいです。

蓄電池を導入すれば、電気代を抑える工夫ができます。蓄電池は一定期間電気を蓄えることができるため、料金の安い夜間に充電をして日中は蓄電池で貯めた電気を使用することで節約することが可能です。これにより家計の負担が大きく減るため、最大のメリットといえるでしょう。

家庭用蓄電池のメリットその2

2つ目は、災害時でも生活ができるという点です。地震や台風などが発生すると停電することがあります。停電になると家電製品などが使用できないため、快適な暮らしを維持することができません。蓄電池を導入すれば、10時間程度使用できるタイプのものもあるため、復旧するまで電気を使用することができます。そのため、災害時にも強い家を実現することができるでしょう。

家庭用蓄電池のメリットその3

3つ目は、太陽光発電と連携して効率を高められることもメリットです。これにより、節電できるだけでなく、固定価格買取制度を利用して売電することも可能です。

家庭用蓄電池のデメリットは?

このようにたくさんのメリットがありますが、逆に蓄電池にはデメリットも存在します。デメリットとして挙げられるのが、費用が高いことです。実際に契約すると100万円以上の金額になることも少なくないため、まとまった費用が必要になります。

また、購入すれば一生涯充電し続けられるわけではありません。電化製品と同様に寿命がありますので、15年以上使い続けたら買い替えが必要になることもあります。

太陽光発電と組み合わせるのもあり

和上ホールディングスは、蓄電池などの販売・提案を行っている業者です。先程ご紹介したように、蓄電池の購入には費用がかかりますが、和上ホールディングスでは手の届きやすい価格でサービスの提案をしています。すべてのお客様に満足してもらえるようにサポートをしているため、安心して利用することが可能です。また、補助金の相談等も受け付けているので、安く導入したいという方は、ぜひ和上ホールディングスのホームページからご相談ください。