家庭用蓄電池を安く導入するコツ4選!費用負担を軽減しよう

家庭用蓄電池を安く導入するコツ4選!費用負担を軽減しよう

家庭用蓄電池の費用相場は、本体と工事費込みで80万円〜200万円程度といわれています。10kWhの蓄電池の場合、160万円以下で抑えられる可能性もありますが、100万円以上のまとまった金額が必要です。そのため、できるだけ費用を抑えて導入を進めたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

家庭用蓄電池を安く導入するコツは4つあります。コツを知ることで、初期コストを大幅に抑えて導入することができるので大きなメリットとなるでしょう。

家庭用蓄電池を安く導入するコツその1

1つ目のコツは、補助金を利用することです。市町村によっては、蓄電池を導入するご家庭に補助金を支給しています。例えば、東京都では自家消費プランという補助制度を利用することが可能です。年度によって支給される金額が異なりますが、令和3年度は1kWhあたり7万円、最大42万円の補助金を受け取ることができます。総額の2割以上の金額を地方自治体が負担してくれるため、活用すれば安く導入をすることができるでしょう。

家庭用蓄電池を安く導入するコツその2

2つ目のコツは、相見積もりを取ることです。蓄電池は販売店やメーカーによって費用が異なります。そのため、商品を選ぶときは複数の店舗に見積もりを依頼し、価格を比較するようにしてください。そして、できるだけ安いところを選ぶと費用を削減することができます。また、相見積もりを取ることで、価格交渉する際の材料にもなるため、うまく活用すれば費用を抑えられる可能性があるでしょう。

家庭用蓄電池を安く導入するコツその3

3つ目は、kWh単価で価格を比較することです。蓄電池の種類によって容量が異なります。そのため、容量で価格を見比べることでよりわかりやすくなるのです。また、予算を抑えたいとき、容量の少ないものを選択し、余裕がある人はできるだけ大きい容量のものを選択するなど、予算に合わせて選ぶことができるため、自分に合った蓄電池を購入できるでしょう。

家庭用蓄電池を安く導入するコツその4

4つ目は、できるだけ長持ちさせることです。蓄電池には寿命があり、使い方によって短くなったり、長くなったりします。買い替えの頻度を少なくすることで生涯蓄電池にかかる費用を抑えることができるため、コツのひとつになるでしょう。

まとめ

蓄電池業者の和上ホールディングスでは、メーカーから一括仕入れすることで他社よりも安い価格で商品を提供することができます。また、補助金のサポートも行っているため、できるだけ安く商品をご購入いただけるように努力している業者です。お客様の予算に合わせて最適な提案をしますので、興味のある方はホームページからぜひお問い合わせください。