太陽光発電の発電量が低下した際の原因と対策!

太陽光発電の発電量が低下した際の原因と対策!

太陽光発電を設置するとできるだけ長い間、発電量を維持したい思われる方が多いです。もし、発電量が低下してしまうと使用できる電力が少なくなってしまいます。また、売電収入も下がるため、好ましくないでしょう。発電量が低下したときの原因や対策を知っておくことで、導入後にためになるので、ぜひチェックしましょう。

発電量が低下する原因①太陽光発電システムの寿命

発電量が低下する原因は、太陽光発電システムの寿命です。寿命はメーカーなどによって異なりますが、太陽パネルは20〜30年、パワーコンディショナーは10〜15年程度と言われています。また、年数が経過すればするほど、発電量は低下するため、古いものは発電量が低いです。さらに、一定の期間が経過すると大幅に落ちるケースもあります。

発電量が低下する原因②汚れについて

2つ目の原因は汚れです。パネルの表面が汚れていると発電量が少なくなります。パネルは屋根の上など屋外に設置されているため、雨や風、鳥の糞などによって汚れやすいです。そのため、定期的にクリーニングをする必要があります。

発電量が低下する原因③破損について

3つ目は、破損により発電量が低下するケースです。先程もご説明したように、屋外に設置することが多いため、台風による暴風でモノが直接パネルに当たり、破損してしまうことも珍しくありません。また、割れた部分から水が侵入し、パネル内部が劣化してしまうことがあります。割れていていても気づかずに使用してしまうご家庭は珍しくないので、発電量があまりにも低い場合は、破損が原因になっていることもあるでしょう。

発電量が低下しないための対策方法

発電量が低くならないための対策は2つあります。

1つ目は、発電量のモニタリングを欠かさず行うことです。モニタリングを日頃からしていないと発電量の低下に気づくことができません。毎日確認することで、少しの変化にも気づきやすくなります。また、原因も突き止めやすくなるのでおすすめです。

2つ目は、定期的なメンテナンスを依頼して対策する方法になります。定期メンテナンスを利用することで、故障の箇所を早い段階で見つけることができるため、大きなトラブルになることを防ぐことが可能です。結果的に、ランニングコストを抑えることにも繋がるため、導入者に大きなメリットとなるでしょう。

太陽光発電業者の和上ホールディングスでは、太陽光発電の販売とサポートを実施しています。また、2年に1度の無料点検も提供している業者です。無償で10年間故障箇所のチェックをしているため、発電量の低下をいち早く見つけることができます。メンテナンスにお金がかからないところで太陽光発電を購入したいという方は、ホームページからぜひお問い合わせください。